おぼろの清水

oboroshimizu
寂光院に通ずる近道の右側、灌木の下にある小さな池である。

朧とは、春の季節の月光の意味で、建礼門院が京都からはるばる寂光院へお越しの道すがら、この清水のあたりで日が暮れて、自身のお姿が月光によってこの水溜りにおぼろに写ったと言われている。

アクセス