古知谷阿弥陀寺

amidalt
光明山法国院阿弥陀寺は、慶長十四年(一六〇九年)三月、弾誓上人が開基なされた如法念佛の道場です。弾誓上人は、尾張国海辺村に生まれた方ですが、9歳の折りに自ら出家し、美濃国塚尾の観音堂に参篭し、さらに同国武芸の山奥において念佛三昧、二十余年の修行を積みました。その後、諸国行脚で各地を回って苦行修練を重ねた末、最後の修行の地、古知谷へ赴きました。


amidalt2
天然記念物の樹齢800年以上の楓も参道南側にあります。大原は紅葉の美しい所が至る所にありますが、中でも阿弥陀寺の紅葉は一際美しく、江戸時代から紅葉の名所として知られています。数百本の楓が赤く色づく様は壮観です。


amidalt4
正面には弾誓上人の自作自像植髪の尊像が安置してあります。 現在もこの植髪は両耳の近くにすこし残っています。 正面右脇には鎌倉時代(作者不詳)の作品で、重要文化財の阿弥陀如来坐像が安置されています。

石廊

弾誓上人が入定される一年前に当時修行中の僧らに頼んで掘らせた巌窟があります。ここには弾誓上人が石龕に生きながら入られ「ミイラ佛」となられた上人のミイラが端座合掌の姿勢で安置されています。

アクセス