さわだ

オススメは『本格湯豆腐』と『豆乳鍋』

sawada
京都といえば湯豆腐。ここ『さわだ』では明るい陽射しが差し込む店内で、大原へ出向いた人を本格的な湯豆腐をはじめとする本格的メニューで出迎える。

太い柱、天井や床はもとより、据え付けの家具も全てに贅沢なまでの木材を使い、大きな窓からの採光もあいまって年中“春”のような雰囲気。座席数は60を超えるが、レイアウトがゆったりしていることも時間の流れをゆるやかにしているかのようだ。こと中央に設置されたテーブルは樹齢600年と言われる樅の木の一枚板がさりげない自己主張を。

美味しさの秘密は素材にあり

「豆腐は仲良くしている豆腐屋さんのご主人が特別に用意してくれるものを使っているんです」。
女将さんが真の“特製”の豆腐についてこっそりと明かしてくれる。さらに、野菜類の多くは“自家製”の新鮮で安心の素材を使用する。

「オススメは湯豆腐セット(かやくご飯付・1200円)と豆乳鍋焼きうどん(950円・セット1400円)です。豆腐だけじゃなくて京野菜も楽しんでいただけます」とのことで、ぜひ2大看板メニューからいただきたい。

さらに上階(坂道の加減でこちらも道沿いに入り口アリ)には約30席のカフェテラスがあり、ケーキや紫蘇ジュースなどこちらも“自家製”で美味。これだけ真の自家製メニューを揃えるも、それらをさほどアピールしていないのには、大原の“奥ゆかしさ”さえ感じずにいられない。このオープンカフェのような雰囲気の中、豆腐料理を? それともケーキを?
sawada1sawada2sawada3

アクセス