春季彼岸会

9886421F-327A-456C-AE11-216C7900A992
名称:春季彼岸会(しゅんきひがんえ)
場所:三千院
時期:3月20日 (春分の日に開催)

仏教の発祥地インドでは「日想観」と呼ばれる修行法がありました。これは禅定を組んで沈む夕陽を見つめ、西方の彼方に在す阿弥陀仏と極楽浄土の有り様を想い浮かべる観法であり、多くの修行者が実践してきました。この「日想観」は中国を経て日本にも伝えられました。聖徳太子の頃に、祖霊崇拝によってお彼岸の思想に発展してゆきました。
春と秋にはお彼岸があり、この日は昼と夜の時間が同じで、真西に夕陽が沈み、西方には阿弥陀さまの極楽浄土があり、この浄土に入滅して生まれ変わったならば、罪は消え、苦しみから解き放たれます。お彼岸の日はその阿弥陀様に祈りが通じる日、また極楽浄土に生まれ変わったご先祖様と通じ合える日と考えられています。同時にご先祖様に報恩の誠をささげ、今ある私達はご先祖様のおかげと感謝いたしましょう。