7/1〜20 大原の赤しそ最盛期「赤しそ祭り」


大原の赤しそは、世界中で最も原品種に近く、香り、色づきが世界最高峰の品質であると言われています。そんな赤しそが最盛期を迎える7月。大原観光保勝会では、今年から7月1日〜7月20日を「赤しそ祭り」期間として、地域内の各店で様々な取り組みを予定しています。

・赤しその直売
・赤しそ加工体験(しそジュース、梅干し、しば漬作りなど)
・赤しそを使った特別メニューの提供(飲食店)

赤しその直売所MAP

下記の場所で赤しそが販売されます。6月下旬から販売が始まり、7月1日〜20日頃が最も旬の時期となります。

地図 店名 備考 最寄りバス停
(京都バス)
A 志ば久
(TEL:075-744-2226)
予約販売(前日までにお問合せください)
※発送も可能です。
大原
B 辻しば漬本舗
(TEL:075-744-2839)
店頭販売 野村別れ
C 里の駅大原
(ふれあい朝市)
(TEL:075-744-4321)
旬菜市場にて販売(月曜定休)
朝市は毎週日曜日6:00〜9:00開催
D わいわい朝市 毎週日曜日6:00〜11:00開催
E 志野 大原街道店
(TEL:075-744-2141)
店頭販売 戸寺
F 土井志ば漬本舗
(TEL:075-744-2311)
店頭販売 花尻橋

体験イベント情報

期間中は赤しその収穫と加工体験が開催されます。

体験 日程 主催 詳細・お問い合わせ先
しそジュース作り 7月18日(土)
7月19日(日)
里の駅大原
(TEL:075-744-4321)
詳しくはこちら
(参加費:1,000円)
しそジュース
梅干し作り
7月11日(土)
7月25日(土)
7月26日(日)
味工房 志野
(TEL:075-744-2141)
詳しくはこちら
(参加費:2,000円(食事付き))
梅干し作り 7月11日(土) 志ば久
(TEL:075-744-2226)
詳しくはこちら
(参加費:3,000円(食事付き))
しば漬作り 7月10日(金)
7月11日(土)
土井志ば漬本舗
(TEL:075-744-2311)
詳しくはこちら
(参加費:3,000円(食事付き))
しば漬作り 7月16日(木) 辻しば漬本舗
(TEL:075-744-2839)
詳しくはこちら
(参加費:2,000円)

特別メニューの提供店

飲食店では、旬の赤しそを使った料理メニューを提供しています。

野むら山荘

赤紫蘇026

『蕎麦 オハラメーゼ』

『蕎麦 オハラメーゼ』
「大原産の赤紫蘇を使い、手打ち蕎麦にアレンジを加えました。赤紫蘇とナッツを刻み、エキストラヴァージンオリーブオイルを加えたペーストを手打ち蕎麦に和えました。手打ち蕎麦ののど越しと、赤紫蘇とナッツのフレーバーが夏の大原にピッタリです。」※バジルを使ったパスタは、スパゲッティ・ジェノベーゼ。赤紫蘇を大原女に例えて蕎麦オハラメーゼとネーミングしました。

(提供:野むら山荘

芹生

600_2813

期間限定「大原紫蘇膳」

期間限定「大原紫蘇膳」@3150(税別)

(提供:芹生

芹生茶屋

「冷し赤紫蘇笹目うどん」料金:950円(税込)
*赤紫蘇のさわやかな酸味を活かし、さっぱりと仕上げました。
セット(赤紫蘇ご飯・こんにゃく味噌田楽他)1200円

(提供:芹生茶屋

土井志ば漬本舗

(提供:土井志ば漬本舗 本店

大原リバーサイドカフェ来隣

11694860_500909853395166_7537737000711399635_n
【期間限定特別メニュー】

<Drink>
・赤しそジュース
・赤しそサイダー
・赤しそビア
・赤しそスパークリング
・赤しそカクテル

<Sweets & Foods>
・赤しそアイス
・赤しそみるくプリン
・赤しそバーガー

(提供:大原リバーサイドカフェ来隣

里の駅大原

IMG_3519-1024x768
【レストラン花むらさき】
・赤しそジュース
・大原女ソフト(赤しそソフト&ジュース)

【旬彩市場】
・しば漬
・しそ餅の販売

(提供:里の駅大原

京美茶屋

赤しそとくるみのパウンドケーキ

赤しそとくるみのパウンドケーキ


【7月10日〜7月20日の期間限定】

『赤しそとくるみのパウンドケーキ』
価格:380円(税別)

(提供店:京美茶屋