9/21〜24 寂光院にて「しば漬け」新漬を振る舞い

大原のしそを使って「茄子」を漬け込む伝統的な「しば漬」は美味しい!

大原の名産である赤しそを使った「しば漬け」は「千枚漬け」「すぐき」とともに京都の三大漬け物としても知られています。

しば漬けの発祥は今から八百年ほど前。『平家物語』で有名な高倉帝の皇后、建礼門院徳子様は、聖徳太子が建てたという大原の寂光院に御閑居されていました。その折に、里人がこの漬物を献上したら大層お喜びになり、大原女が頭にいただき売り歩く柴にちなんで「しば漬か」と仰せられたというのが由来とされています。

『しば漬けについて』京漬物.com

そんなしば漬けの由来にちなんで、9月21日〜24日に、しば漬け発祥の地である寂光院にて、毎日先着100名様を対象に、この夏漬け込んだしば漬けの新漬けをお振る舞い致します。

先着100名様にしば漬振る舞い

IMG_20150907_0001

日程 平成27年9月21日(月)〜9月24(木)
内容 毎日先着100名様にしば漬けの新漬け振る舞い
場所 京都大原 寂光院
備考 寂光院への参拝料が必要です

皆様のお越しをお待ちしております。