大原の赤しそ、なぜすごい?

大原の名産品である「しば漬」の材料に欠かせないのが「赤しそ」です。

実は大原で作られる赤しそは、香り、発色とも非常に高い評価を得ており、近年では自宅でしそジュースや梅干しを作るために、わざわざ遠くから赤しそを求めてやってくる人が後を絶ちません。その大原の赤しそが評価されるのは、なぜでしょうか?

そもそも赤しそとは?

A2_I2
しそは医学的には蘇葉(そよう)と呼ばれ、昔中国でかにの食べ過ぎで食中毒を起こした人に、漢方医がこの葉を煎じて飲ませたところ元気が蘇ったので蘇る紫の葉…ということから、紫蘇という名前になったと言われています。独特の香気成分(ペリアルデヒド)が強い抗酸化作用、防腐効果、アレルギーの症状を緩和させる効果があると言われています。

魚類、えび、かにのじんましんには、しその葉を食べるのも良いと、また花粉症などの異常に働く免疫力を正常に戻す効果があるとも言われています。また、ビタミンC、鉄分、カルシウムが豊富で、貧血予防、精神安定作用、健胃作用など様々な薬効があるとも言われています。

大原で栽培される「ちりめん赤しそ 」は、しその原品種に最も近い

????????
20余年前、土井志ば漬本舗の「大原産・ちりめん赤しそ」を武田薬品の研究所が調べた結果、大原産赤しそが、最も原品種に近く、色・香り・味とも最高級であると、学会で論文発表がなされました。

その理由として、

1、800回以上繰り返し繰り返し、栽培されてきた事
2、大原が盆地のため、他所からの花粉の飛来が無い事
3、赤しその栽培に最も必要な水分が、夏の晴れた日には、山裾に霞(小野がすみ) がたなびき、冷気を含んだ水分が、しその栽培に好影響をもたらす事

などが考えられています。

今年は赤しそをテーマとした様々な企画をご用意

IMG_0898
そんな大原の素晴らしい赤しそに親しんでもらえるように、今年はしそが栽培される春から、加工品として出荷される秋頃までに、様々な企画を行う予定です。

春(4月下旬〜5月上旬)
・しその苗植え体験

夏(7月1日〜7月下旬)
・赤しそ開き(しその葉の即売期間)
・赤しその刈り取り体験
・しば漬、梅干し、しそジュース作り体験

秋(9月21日〜24日)
・しば漬の日(寂光院でしば漬の新漬けを振る舞い)

企画の詳細、体験の募集に関しましては当ホームページでリリースをしますので、ぜひ楽しみにしていて下さい!