大原女(おおはらめ)とは?

大原女行列

大原女(おおはらめ)は、頭に「薪(まき)」や「柴(しば)」を乗せて、京の町へ行商に出かけた大原の働く女性のことです。大原女の服装は時代を遡ると平安時代、寂光院に穏棲された建礼門院に仕えた阿波内侍(あわのないし)が着ていた衣装がその原型と言われています。

大原は平安時代の頃から「炭(すみ)」の産地として知られるようになり、初期の大原女は主に「炭」を扱っていたと言われます。当時は京の町まで道路が整備されていたわけでもなく、厳しい環境下での行商だったことが容易に想像できます。

その後、室町時代には主に「薪(まき)」を扱うようになりました。京都三大祭りの「時代祭」においても室町時代の装束として登場します。江戸時代には様々な文献で「馬を引きながら主に「柴(しば)」を売り歩いていた様子」が確認できるようになります。写真の大原女が頭に乗せている柴は衣装用のものですが、実際にはかなり大きな荷物を運んでいたようです。

こうした風習は電気やガスが一般的となる大正時代まで続き、現代では京都の働く女性の伝統衣装として認知されるようになりました。

時代ごとに異なる装束

現在最も一般的となっている大原女装束(紺の綿着物に赤のたすきかけ)は比較的近代のものです。当然ながら時代ごとにデザインも変化しており、室町時代の古装束や、時代祭に登場する大原女など、それぞれ趣が異なります。(参考:時代祭 中世婦人列

大原では、毎年4月下旬に「大原女時代行列」を開催しています。こちらでは時代ごとに異なる大原女装束を着た女性たちが寂光院〜三千院を練り歩きます。行列には一般の女性も参加が可能です。

春の大原女時代行列

大原女に変身体験

大原女体験
大原観光保勝会では「大原女に変身体験」として大原女装束の貸出・着付けを行っています。大原女の姿で里山を散策すればインスタ映えも間違いなし!さらに、お店やお寺で割引などの優待を受けられます。

詳しくは⇒こちら

大原女オリジナルグッズ

 

大原女衣装に着替えてSNSに自撮りを投稿した方に、大原女をモチーフとしたオリジナルの「缶バッジ」または「手ぬぐい」をプレゼントしています。(観光保勝会にて各500円で販売もしています)

「缶バッジ」は大原女衣装体験と同じように対象の施設で割引などの優待が受けられますので、大原観光のリピーターさんにお得なアイテムとなっています。

詳しくは⇒こちら